意外と高く売れた古い愛車

意外と高く売れた古い愛車

昔に比べ車離れが指摘されますが、まさに私がそれにあたるかもしれません。昔からそれほど車に興味がなく、どちらかというと乗ることができればよいという価値観を持っています。洋服は好きなのでとてもこだわりますが、車に関しては特にこだわりがなく、デザインよりも実用性重視といった価値観を持っています。

こんな私なので、一度車を購入するとなかなか乗り換えません。利用頻度も週に一度くらい、近くの買い物だけといった感じですから車が消耗しないのです。先日手放した車は10年程度のお付き合いでしたが、走行距離は3万キロ以内でした。周りの友人などからはかなり驚かれました。

10年ほどのお付き合いとなった車も車検代が気になって手放すことに決めました。走行距離は少ないものの、さすがに買取はしてもらえないだろうと考えていたのですが探せば見つかるものですね。驚いたことに10万円で中古車買取店に買い取ってもらうことができたのです。今回の買取にはネットの一括見積を利用しました。5社ほどに見積もりを取ってもらったのですが、買取できると答えたのはわずか2社でした。条件の良い業者に売却をしたわけですが、自分で探していたら買取をしてくれる業者を見つけられなかったように思います。

こちら



車に興味がないとはいえ、10年も乗っていると少し寂しいものです。一応、青春時代に利用していた車なので遠出をしたりキャンプに出掛けた思い出もあります。手放すまではそんなことを考えたことはなかったのですが、いつも停めていた駐車場に車がなかった時にそのことを思い出しました。なんとなくですが、車を大切に扱う方の気持ちがわかったような気がします。

長年車を乗っているといろいろな思い出があるものです。良い思い出も、そうでない思い出もあると思います。こうした思い出が詰まっているから車を大切に感じるのでしょうね。今回、長年乗ってきた車を手放してそんなことを感じるようになりました。

車に関する様々な思い出

私は車を買い替える前に、10年間も乗っていた車に愛着がありました。10年間も乗っていた車は、軽自動車で小回りが利きやすく、運転がしやすい点が魅力的であったので、数年だけ乗っても乗り換えようという考えは持っていなかったことです。一番の思い出は、自分が運転していて家の駐車場をバックで出る時に車の端の部分を何度もぶつけた経験があった事です。

こちら

何度も車の修理の専門店に傷ついた部分の塗装をしてもらった苦い経験を思い出します。

10年間乗っていた車は、私が免許を取ってから、すぐに親の紹介による車の専門店にて購入しました。子供を授かってからは、いつもお馴染みの軽自動車で幼稚園に連れて行った後に仕事に向かう毎日であったのです。軽自動車を購入してから数年間は車のエンジンのかかりが良くて、しばらくは車の買い替えを考えなくて良いことに関して安堵していました。子供が小学校に入学した時は、緊急的な子供の迎えなどの用途の以外は、子供を車に乗せなくてよいので、子供が学校に通うと同時にお馴染みの車で会社に勤めたことを記憶しています。

家族旅行に行く時は、いつものお馴染みの車で旅行に行ったことを記憶しています。車で旅行している最中に、車のタイヤがパンクしてしまう出来事が起こった思い出があります。幸いにもスペアのタイヤを車の中に搭載してあったので、車を安全なところに止めてから、スペアのタイヤを取り付けました。スペアのタイヤを取り付けた直後に安全のために、近くの車の修理店によってから、本場のタイヤをつけてもらいました。

こちら

10年経った後に、新しい車に買い替えをしましたが、昔乗っていた車でのドライブの思い出が走馬灯のように駆け巡りながら、新しい車でドライブや通勤の用途として使っています。

我が家の車について

私の家は小高い山の上にあり、ちょっとスーパーへ買い物に行くのにも車を使います。父は自営業をしており、仕事にも車を使いますので年間で使っていない日はないくらいです。

子供の頃からずっと両親の運転する車に乗っていますが、貧乏だったためころころ車が変わります。たぶん中古車を買って車検時期になるとまた中古車を買い替えていたのだと思います。その上、乗る率が多ければ事故る率も多く、ある日学校帰りに駐車場を通ると家の車のフロントガラスが割れていたこともありました。衝撃で今でも忘れられません。頻繁に変わる車には一貫性が無く、立派なセダンに乗る時もあればボロボロの軽自動車の時もありました。もっと安全運転を心がけてほしいです。ちなみに私たち子供が乗っている時に事故を起こしたことはありませんので、私は事故の体験をしたことはありません。事故を起こすのは止めてほしいですが、いろんな車に乗れることは幼心にして楽しかったので、車がころころ変わることについて、私にはそれほどマイナスのイメージはありませんでした。

こちら



今の私は実家を出て一人暮らしをしています。前まで父は友人にもらったワンボックスタイプの車に乗っていたのですが、地方へ転勤になった私の弟へ譲ると言って久しぶりに実家に帰ったときには新しい車に乗っていました。あの今流行りのエコカー、プリウスでした。父の事業が上手くいって貧乏から脱却したのかと思いましたが、そのプリウスはなんとリースらしいです。3年間月々定額を支払って借りているそうです。車のリースのサービスがあるなんて知らなかったので驚きました。両親ともに満足そうにプリウスに乗っていますが、ある日、私の家の前の狭い路地で父がガリガリと車の横を塀で擦ってしまいました。プリウスには悲惨な傷跡が残ってしまいました。

レンタルの車はきれいに直して返さないといけないようです。

母が「安い板金屋さんがあったら教えてね」と私と弟に連絡してきました。

レンタルにしたってどうしてもっと丁寧にのれないのでしょうか。ちょっと呆れた出来事でした。


こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>