アメリカの大学での出会い

アメリカの大学での出会い

私がニューヨークにあるコロンビア大学に留学したときのことです。

そして、英語のクラスでベネズエラ人のジュディスという名前の、とても美人の留学生と出会いました。

私達はまだ英語がそれほどうまくなかったので、練習もかねて、あえて英語で会話できるように、お互いに辞書を片手に話をしていました。

彼女は建築科の大学院で学ぶために、英語のクラスを取っていました。私は大学に入るために英語を勉強していました。

言葉だけでなく、日本と南米というカルチャーの違いもありましたが、二人は意気投合して、一緒にランチを食べたり、一緒に買い物にでかけたりしていました。

そのうち、彼女は建築科に進み、私は大学へと進みました。

勉強が忙しくなって、それまでとは生活が変わりました。

時が過ぎて、彼女は大学院を卒業して、私はまだ大学に通っていました。

そのうち、彼女はスイス人と結婚して、スイスに暮らすようになりました。

私は夏休みの間に、まだ新婚だった彼女のところに、友達と一緒に遊びに行ったりしました。

彼女は一児の母となり、転勤を繰り返して、世界中を点々としていました。

その間も、連絡を取り合っていました。

今、彼女はスイスに戻り、そこで暮らしています。

私のことを「日本の私の妹」と呼びます。

定期的にスイスから国際電話がかかってきて、お互いの様子を伝え合っています。

私達は大学で出会ってから、ずっと変わらぬ友達でいます。

車買取専門店@ランキング【体験談あり】


<<前のページへ   次のページへ>>