車の節税について

車の節税について

車の節税について書きたいと思います。車を買うときに気になるのは、やはり車自体の価格だけではなく、ガソリンやハイオクの値段や車にかかる税金についてだと思いますが、ほんの少しだけ節税できる方法を書きたいと思います。自動車取得税という税金があるのは皆様ご存知だと思いますが、これを少し節約できるんです。自動車取得税というのは、都道府県税で自動車を取得した時に50万円以上ならばかかってしまうのですが、実はこの税金は本体価格だけではなく、オプションにも付く事になります。例えばオーディオなどがいいやつをつけるとすぐに10万円ほどかかってしまいますが、これだけで5000円余計に税金を取られてしまう事になります。しかし、これは本体購入時にかぎりですから、要するに本体を購入後に取り付けてもらえばこの自動車取得税をとられることがありません。

こちら

せこい話になってしまいますがやはり税金は少しでも節約したいという方は面倒くさいと思いますが、オプションは納車が終わってからつけてもらうことにするだけでこの自動車取得税が節約することができてしますうのです。ちょっと面倒くさいと思いますが、納車して自動車取得税を納付後にオーディオなどのオプションをつけると少しではありますが税金を節約することができます。浮いた税金で車の掃除用具などもそろえる事ぐらいはできると思うのでめんどくさがらずに、納車の後にオプションをつけてくださいと店員さんに言ってみてください。店員からもちかけられる事はほぼないですが、店員さんもプロですからこちらの意図をきちんと理解してくれますので、恥ずかしがらずにオプションは納車後につけてくださいと言ってください。

こちら

突然の修理費用は痛い

 車というものは、お金がかかるものだと思います。車に乗っていなくても、ただ所有しているだけでお金はかかってしまいます。ですが、車を維持するための費用を差し引いても私は車を持っていたほうが得だと思います。例えば、雨が降っている時など車を持っていて良かったなと改めて実感します。雨の日は、外に出るのも億劫です。車を持っていなかった時は、自転車で行動をしていました。雨の中、自転車で近くのスーパーまで15分行くのは私の中でとても面倒に感じていました。それが車を購入してからは、一切そんなことに悩まされることは無くなりました。現在では、若いひとのなかで車の維持費が高いからと言う理由であえて車を持たないひとが増えています。

こちら

私が思うに、車を所有していて良かったなと感じることが少ないからだと思います。また、維持費のことを考えると所有する気になれないのでしょう。

 車の維持費のなかで、私が1番面倒だなと感じるものがあります。それは、車の修理代です。他の維持費についてはある程度、予測できるのに対して車の修理代は事前に予測することが難しいです。車の部品は、車に乗っていたら自然と劣化して壊れてしまいます。例えば、車のタイヤは何万キロと乗っていたら溝のないツルツルのタイヤになってしまい車検を通すことも出来なくなってしまいます。溝のないタイヤはなぜ、車検が通らないかと言うとそれで走ってしまうと、事故が起きる可能性があるからです。車検の時に、交換するくらいならまだ良いです。突然、ある部品が壊れてしまうと本当に落ち込んでしまいます。

こちら

その部品が安い値段で安い工賃であれば全く問題は無いでしょう。ですが、部品と工賃でそれなりの額になると直すのにもそれなりの時間と費用が必要になってきます。ですから、こういう時のことを考えて事前に貯金をしておかないといけません。壊れてから考えると言ったようなことだと、突然車に乗れなくなってしまうこともあるのです。

 また、壊れる前に壊れないように努力をすることも大事だと思います。例えば、エンジン関係のトラブルだと修理費用がとても高いものになってしまいます。そうならない為にも、まめに何処か異常が無いかチェックをすることが必要だと思います。初期の段階で、異常が見つかれば安い値段で直すことも出来るのです。車の維持費をおさえるのなら、ちょっとした手間をすることでかなりおさえられると私は思います。



<<前のページへ   次のページへ>>